×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クロスステッチの特徴

クロスステッチは基本的にどのような布地にも刺すことが出来ます。
しかしながら一般的には、縦と横の織り目の間隔が同じになっている布地を使用します。この布地はジャバクロス、アイーダ、刺繍用リネンなどと呼ばれています。

ジャバクロスと、アイーダは縦横の織り目の間を一定間隔で開けて、点状の隙間が布地全体に格子状にあくように織った布地です。


この点状の隙間に針を通して一定の大きさのステッチを刺すことが出来、縦横が直角な図案になる為、1つ1つのステッチが正方形となります。

基本的に刺繍用リネンは粗めに織ったリネン生地でできているので、ジャバクロスと同じように使用することが出来ます。 本場 欧米のものや趣味でかなり作りこんでいる方は布の目も細かく、図案もこじんまりした可愛いいのから大規模に凝って作ったものまで、バラエティに富んでいます。全て一本の糸から作られるのがクロスステッチです、趣味にあった作品を作る楽しみを味わってみましょう。